MENU

消費者金融の審査と金利の関係

金利の高さと審査の厳しさは比例する!?


まず、消費者金融でも銀行カードローンでも、審査基準は金利と密接にかかわってくるという事を理解する必要があります。


審査基準は何で決まるか?

一般的な話になりますが、通常金利の高さと消費者金融の審査の厳しさというのは比例します。

なぜなら、金融会社の主な収入は金利であるため、金利が安くなればなるほど経営が難しくなり、貸し倒れに対する体力も少なくなってしまいます。

貸し倒れのリスクに対する経営の耐性


例えば現在一般的な消費者金融の上限金利は18%程度、これに比べて銀行カードローンは14%程度と設定されていることが多いです。


金利の差は4%程度ですが割合でみると 14 / 18 = 77.7% となり、消費者金融の方が22.3%程金利が高い事になります。


上記から、単純に銀行カードローンに対して消費者金融は22.3%程、貸し倒れに対する耐性が強いと考慮できます。つまり、22.3%貸倒率が高くてもOKということです。そうするとその分だけ属性の悪い申し込み者に対しても、融資が可能となると考えられます。


ですから、金利が安いという事は、それだけ審査が厳しくなると言えるのです。


金融会社を選ぶ際に考慮すべきは金利だけではない


誰しも金利が安いところでお金を借りたいと思うのは当然ですが、金利が高いということは、金利が低い金融会社に比べ、審査が通りやすいというメリットもあります。

ですので、より確率の高い融資を実現したい場合、消費者金融を選ぶ方が賢い選択である場合もあります。


同一金利でも審査基準に差がある?


しかし、競合他社と金利競争になっている今、他社との差別化を図るため、同一の金利であっても、審査の基準が多少違ってくることは当然あるでしょう。


例えば、よりシェアを高めたい、会社の業績を考慮し、期間限定で新規を多く獲得したい、などというタイミングもあるので、一概に金利が同じだからといって、審査基準が同じであるとは言い切れません。

新規貸付率(審査通過率)から見る審査の通りやすさ

それでは何を基準に金融会社を選んだらいいのか?その助けとなる一つの手段として、各社が公開している新規貸付率を比べてみるのも建設的な考えです。


新規貸付率とは、審査を申し込んだ人数のうち、審査を通過した人数の割合です。新規貸付率は審査通過率の事であり、簡単に言ってしまうと審査の通り安さの指標とも言えます。


新規貸付率(%)= 審査を通過した人数 ÷ 審査を申し込んだ人数


ここでは、大手消費者金融で新規貸付率を公開している「アコム」「アイフル」「プロミス」を比較してみます。


アコム


アコムは3カ月おきの累計のデータが公開されており、以下は3か月ごとのデータに修正した表になります。年間を通して、46.3~48.9%の間で推移しています。


期間 新規申込数 新客数 新規貸付率
2015年4~6月 118,808 人 58,108人 48.9%
2015年7~9月 114,642人 55,130人 48.1%
2015年10~12月 111,054人 53,972人 48.6%
2016年1~3月 117,930人 54,581人 46.3%
2015年度合計 462,434人 221,791人 47.9%


アイフル


アイフルでは月ごとのデータが公開されています。年間を通して、44.1~48.5%の間で推移しています。


期間 新規申込数 新客数 新規貸付率
2015年4月 32,439人 14,433人 44.5%
2015年5月 36,226人 16,053人 44.3%
2015年6月 31,304人 13,806人 44.1%
2015年7月 30,786人 14,110人 45.8%
2015年8月 31,959人 15,490人 48.5%
2015年9月 36,117人 17,065人 47.2%
2015年10月 32,344人 15,357人 47.5%
2015年11月 30,978人 14,571人 47.0%
2015年12月 25,377人 12,058人 47.5%
2016年1月 29,046人 13,558人 46.7%
2016年2月 31,856人 15,216人 47.8%
2016年3月 40,109人 18,949人 47.2%
2015年度合計 388,541人 180,666人 46.5%


プロミス


プロミスも月ごとのデータを公開しています。年間を通して、41.7~45.5%の間で推移しています。


期間 新規申込数 新客数 新規貸付率
2015年4月 41,205人 17,601人 42.7%
2015年5月 47,567人 20,019人 42.1%
2015年6月 38,916人 16,776人 43.1%
2015年7月 38,148人 15,915人 41.7%
2015年8月 38,407人 16,832人 43.8%
2015年9月 42,401人 18,719人 44.1%
2015年10月 38,586人 17,161人 44.5%
2015年11月 37,921人 17,258人 45.5%
2015年12月 29,986人 13,051人 43.5%
2016年1月 34,670人 15,015人 43.3%
2016年2月 40,178人 17,641人 43.9%
2016年3月 44,522人 19,782人 44.4%
2015年度合計 472,507人 205,770人 43.55%


2015年度の比較


2015年度の「アコム」「アイフル」「プロミス」を比べた表が以下です。こうしてみると意外にも3社間で審査の通過率に若干差があることがわかります。

アコム、アイフルの最大金利は共に18%、それに比べて、プロミスは17.8%とということから多少の違いがあることも考慮できます。


新規申込数 新客数 新規貸付率
アコム 462,434人 221,791人 47.9%
アイフル 388,541人 180,666人 46.5%
プロミス 472,507人 205,770人 43.55%


もちろんこの結果を鵜吞みにして、「アコムなら審査が通る」と思い込んでしまうことには注意が必要です。やはりアコムにもしっかりとした審査基準があり、その基準を満たさないと、審査を通過することはできません。

しかし、各社とも40万人ほどのデータがある事から、統計的に3社ではアコムが審査が比較的通りやすいとも言えます。

借入者の属性から見る審査

審査に通るために一番重要だといえるのは、申込者の返済能力がどれくらいか、です。

もちろん、返済能力が高いと判断される程、審査は通りやすく、融資枠も大きな金額になります。そして返済能力を決定づける要素として重要視されるのが、申込者の属性ということです。


申込者の属性とは?


年齢や年収、就業形態や住居形態、さらには現在他社からの借入件数や借入金額など、いくつかの重要な要素で構成されます。


意外!?既婚者よりも独身の方が審査が通りやすい?


既婚か未婚か、それ以外は全く同じ属性の2人がいたとすれば、基本的に未婚である方が、消費者金融の審査に通りやすいといわれています。なぜなら、既婚であり、扶養する妻や子供などの家族がいる場合、借入申込者本人が自由に使えるお金が、未婚である場合より、少ないだろうと判断される要素にもなりえるからです。


持ち家か賃貸か


持ち家か賃貸か・・不動産における永遠に議論されるものですが、ことカードローンに至っては持ち家の方が審査が有利に働く傾向が強いようです。

「審査のゆるい消費者金融」ってどういうこと?

「審査のゆるい消費者金融」というものは基本的にはありません。

あるとすればそれはいわゆる「闇金」と呼ばれる不法な金融です。


「闇金」は不法な取り立てや金利などで、一度お金を借りてしまうと

自分以外の家族や職場、友人などにも迷惑が及ぶ恐れがあり


職の解雇、家族や友人からの信頼の失墜など、人生においてやり直しがきかなくなってしまうほど

多大な害を被ることになるでしょう。


ですから、借金をするときは必ず「大手消費者金融」又は「大手銀行系カードローン」といった

「大手金融会社」にするのが絶対に安心です。


「大手金融会社」は法律にのっとり「正しい金利」で「正しい運営」を行っています。


現代では大手金融会社による不法な取り立てなどはあり得ません。

なぜなら、それによって業務停止や営業停止など法的な処罰を受けてしまうからです。


正しい金融会社から正しい借金をすることが何より重要です。

注目のとっても便利な即日審査のゆるい消費者金融キャッシングについてのだいたいの内容は大丈夫だという人は珍しくないのですが、申込のとき実際の申し込みからの手順など、どのように審査のゆるい消費者金融キャッシングが行われているか、詳しいことまで理解している方はほとんどいらっしゃらないでしょう。


審査のゆるい消費者金融キャッシング会社などの貸金業者を規制している貸金業法では申込書の記入・訂正についても隅々までまでルールがあり、例えば、審査のゆるい消費者金融キャッシング会社では間違えている個所を訂正することはしてはいけないと明示されています。


ちなみに書類に記入ミスがあった場合は誤った記入内容は見え消しになるように二重線を引いて目立つように訂正印を押していただかなければ訂正できないのです。


もしも審査のゆるい消費者金融キャッシングカードの申込書の記載内容に不足や誤りが見つかれば、ほとんどのケースで全てを再提出か訂正した部分に訂正印が押していただくことになるので、書類そのものが返却されて遅くなってしまうのです。


本人の自署の書類の部分は記入後に再確認するなど間違えないように記入してください。


他の業態と比較して消費者金融の場合は即日融資の振り込みまでの流れは驚くほどのスピーディーさです。


ほとんどの場合当日の午前中に完全に申し込みが終了して、融資のための審査が予定通りいけば夕方までには希望通りの額面があなたの口座に振り込まれるという仕組みです。


利用しやすいカードローンの審査の内容によっては、貸してほしい金額が10万円だけだとしても、カードローン利用を申し込んだ人の持っている信用度によっては特別な対応をしなくても100万円とか150万円といった数字がご利用上限に希望を超えて設けられることがあるのです。

有名大手の審査のゆるい消費者金融キャッシング会社というのはほぼ100%、全国展開の大手銀行本体あるいは銀行関連会社が管理運営しているため、忙しい方に人気のパソコンやスマホなどからの新規申込についても早くから導入が進められており、返済についても日本中にあるATMから可能ですから満足すること間違いなしです。


会社が違うと、条件として指定時刻までに融資の申し込みが完了のときだけなんて決められているので注意が必要です。


事情があって即日融資での融資を希望するのなら、申し込む際の最終時刻についても把握しておいた方がいいでしょう。


いろんな種類がある審査のゆるい消費者金融キャッシング会社における融資にあたっての審査項目は申込んだ審査のゆるい消費者金融キャッシング会社が定めた決まりで多少の開きがあるものなのです。

銀行系のカードローンは壁が高く、これに続くのが信販関連のもの、デパートなどの流通関連、ラストは消費者金融系の順に審査基準が緩やかになるのです。

どのような金融系に属する取扱会社のカードローンであるのかということについても事前に調べておくべきだと思います。

アピールポイントとそうでないところをしっかりと把握して、あなたに相応しいカードローンを失敗しないように選択してください。

利用者急増中のカードローンで借入する場合の独特の魅力というのは、利用者の都合のいいときに返済可能な点。


どこにでもあって年中無休のコンビニのATMを窓口として使えば店舗に行かなくても随時返済だって可能だし、オンラインで返済することだって可能となっています。



嘘や偽りのない、あやふやになりがちな審査のゆるい消費者金融キャッシング、ローンについての知識などをもっていただくことで、必要のない不安な気持ちや軽はずみな行動が元で起きる数々の事故などに会わないようにしましょう。

勉強不足が原因で取り返しのつかないことにもなりかねません。

今すぐ現金がいるんだけれど…なんて方は、正直なところ、申し込んだら即審査、即融資の即日審査のゆるい消費者金融キャッシングを使ってお金を準備するのが確実です。

とにかく急いでお金を準備してほしいという場合は最適なおすすめの融資商品として注目されています。

銀行系といわれることが多い大手銀行グループによるカードローンの場合、審査のゆるい消費者金融キャッシングできる金額がかなり高くなっています。

さらに、利息については他と比べて低めに定められていて人気なんですが、申し込みの際の審査項目が消費者金融系の会社が提供している審査のゆるい消費者金融キャッシングよりも通りにくくなっています。


無利息の融資とは、審査のゆるい消費者金融キャッシングでお金を借り入れても金利ゼロということなのです。


名前が無利息審査のゆるい消費者金融キャッシングでも、あたりまえですがいつまでもサービスの無利息の状態で貸したままにしてくれる…なんてことはない。

CMなどでよく見かける消費者金融系と呼ばれている会社は便利な即日融資が可能になっている会社が珍しくありません。


ノーチェックではなくそうであっても、会社で規定した審査については全員受けてください。


自分に適していると思われる審査のゆるい消費者金融消費者金融を探し当てたら、確実に様々な口コミも確認しておきましょう。


希望に沿った金利でも、その部分だけが良くて他のところは最悪なんていう会社では利用する意味がありません。


まさかの支出があっても、即日融資が可能となっているため、すぐにでもお金を借りることが可能なのです。


一流の審査のゆるい消費者金融消費者金融会社なら、安心してお金を貸してもらうことが可能になると思います。


銀行の系統の審査のゆるい消費者金融消費者金融会社は、最大限貸し出しOKとなるような自前と言ってもいい審査基準を売りにしているので、銀行カードでのローンが通らなかった方は、銀行傘下の審査のゆるい消費者金融消費者金融ならいける可能性があります。


実際に店舗に行くというのは、周りの人の目が不安であるというのであれば、ウェブ上にある審査のゆるい消費者金融消費者金融会社の一覧表などを役立てて、金融会社を探してみることをお勧めします。


低金利になっている借り換えローンを活用して、現在より低金利にすることも悪くない方法です。


ですが、スタート時点で特に低金利となっている審査のゆるい消費者金融消費者金融業者にてお金の貸し出しをしてもらうことが最上の手段であることは間違いないでしょう。

金利の低い金融業者ほど、ローンの審査基準は高いと考えて間違いないでしょう。


色々な審査のゆるい消費者金融消費者金融業者一覧で見られるようリスト化して一般に公開しておりますので、一度融資の審査の申し込みをしてみることをお勧めします。


CMなどで有名なプロミスは誰もが知っている審査のゆるい消費者金融消費者金融の中では最大手企業の一つに数えられますが、新規の借り入れであるということとたまったポイントを無利息サービスなどに利用できるポイントサービスの規約に同意し申し込みをすることを前提条件として利用できる、最大30日間無利息にてキャッシング可能なサービスというものを用意しています。


審査のゆるい消費者金融消費者金融から借り入れをする際に興味をひかれるのは金利関係の内容ですが、たくさんの口コミサイトを見ると各審査のゆるい消費者金融消費者金融業者の金利や返済に関することなどを、じっくりと説明してくれているところが多数みられます。


平均的な審査のゆるい消費者金融消費者金融業者の場合ですと、無利息の期間はやっとのことで1週間前後であるのに対し、プロミスで借りれば初回の利用で最大30日、無利息の条件でキャッシングをすることが可能になるのです。


誰でも知っている審査のゆるい消費者金融消費者金融業者なら、即日審査かつ即日融資のケースでも、融資金利については低金利で借金をすることが可能ですので、不安な気持ちになることなくお金を貸し出してもらうことができることでしょう。



銀行傘下の金融会社のカードローンは審査のゆるい消費者金融消費者金融系の金融会社と比較した場合、融資金利が段違いに安く、限度額も高くなっています。

但し、審査の進行や即日融資の可否の決定については、審査のゆるい消費者金融消費者金融の方がかなり早いと言えます。



どの機関でお金を借りるかについては相当考えあぐねることと思いますが、できるだけ低金利にてお金を借りたいなら、現在は審査のゆるい消費者金融消費者金融業者も候補の一つに付け加えてはどうかと思うのです。

借入金額が膨らみどの会社からも融資を断られた方は、当サイト内の審査のゆるい消費者金融消費者金融系列の業者一覧の特集から申し込んでみたら、他の金融会社では無理と言われた融資が可能となることもあるかもしれないので、検討してみるといいでしょう。


当日すぐに融資が受けられる即日融資を必要とされる方は、当日の融資に対応してくれる時間も、その審査のゆるい消費者金融消費者金融会社ごとに違うものなので、事前に見ておくことが大切です。


原則として、名高い審査のゆるい消費者金融消費者金融系のローン会社においては、年収の額の3分の1を超える負債があったらカードローンの審査を何事もなく通るということはありませんし、他社からの借り入れがすでに3件を超えてしまっていても同じということになります。

気になる即日発行してもらえる審査のゆるい消費者金融クレジットカードとは、ネット回線を利用して新規発行の申請をして、審査完了後にカード会社が指定する店舗で完成したものを実際に渡される、等という手法が通常と言えます。

審査のゆるい消費者金融クレジットカードの即日発行における留意すべきところは、申込書などに不備があるとか時間的に難しいといったものなどです。

申請するときの詳しい手順を予め念入りに調べて把握しておくことが、新たに審査のゆるい消費者金融クレジットカードについて即日発行をお願いするのなら絶対に必要です。


審査のゆるい消費者金融クレジットカードってすごく種類が盛りだくさんで諦めてしまうこともよく見受けられます。



そういうふうになった人は、ランキング化されたサイトでベストテンにランキングされている信頼できる審査のゆるい消費者金融クレジットカードを選んで申し込むのが一番のおすすめです。

審査のゆるい消費者金融クレジットカードは即日発行に限定せず、最短の場合ならほんの一週間ほどで発行することが可能な審査のゆるい消費者金融クレジットカードに何枚も併せて新規に入会を申し込むのは残念な審査結果になるなんて話だってあります。


もし審査のゆるい消費者金融クレジットカードの即日発行してもらうことを期待するなら、ご存知セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードが特におすすめです。


実は最後の段階で本人が受取可能な担当者のいるお店やサービスカウンターなどがそれ以外のカード会社と対比させてみるとびっくりするほど数が多いからなんです。

ポイント還元率については、「審査のゆるい消費者金融クレジットカードで支払いを行った金額の何パーセント還元可能か」を意味しているのです。

この表示により、どの程度有益なのかをカード1枚ずつ誰でもわかりやすく比較していただくことが可能ということです。

旅行中に審査のゆるい消費者金融クレジットカードい付帯済みの海外旅行保険を利用して現地で治療のために医療機関等へ支払った費用についてはキャッシュレスサービスで対処したいというときは、一番に、審査のゆるい消費者金融クレジットカード会社の海外サポートサービスを担当している部署に電話をかけてください。


何より安価に設定されている入会金等によってお得感が一番の審査のゆるい消費者金融クレジットカードがいい!


というふうに思っているなら、ランキングを見ていただいてあなたに似合ったお得がいっぱいのカードを選ぶのが間違いありません。



ポイントの還元率についても非常に大切な比較しておきたいポイントといえるでしょう。

審査のゆるい消費者金融クレジットカードをショッピングなどで使った利用金額に対してどんな計算による率で返還されるかということをを一般的にポイント還元率と呼んでいるのです。


後悔しない審査のゆるい消費者金融クレジットカード探しのポイントで大切なのはポイントを還元してくれる際の還元率だけでは決してありません。


入会特典としてもらえるものや年間の会費の金額、そして保障してくれる内容も最終決定の前にぜひ比較・検討しなければいけません。



いわゆる一般的なカード発行に比べると、即日発行してもらえる審査のゆるい消費者金融クレジットカードだとカードの利用制限枠が低く限定されているなんてケースも少なくないのですが、想定していなかった海外旅行とか出張等で内容よりもカードの発行を待つ余裕がない場合だと何ともありがたいものです。

よく見かける「万一の時に海外旅行保険は"最高3000万円も補償」"のような審査のゆるい消費者金融クレジットカードの場合でも、「どのようなことが起きても、"絶対に最高額の3000万円まで"損害補償をしてもらえる」いろんな視点からの評価で様々な審査のゆるい消費者金融クレジットカードを比較して、ランキング化しているとっても便利なサイトですから、本当に審査のゆるい消費者金融クレジットカードの申し込みについて思案していらっしゃる方の選ぶことができるカードを増やす援護になればありがたいことです。

事業資金が足りないときは?

ファクタリングとは?

カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者でも利用可能

銀行融資を断られた方でも資金調達可能

借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫

事業資金を調達する場合はコチラ